PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
総合高がプロジェクト発表で4年連続県最優秀

 農業科目を持つ県内の高校が研究成果を披露する第54回プロジェクト発表県大会(県学校農業クラブ連盟主催)が21日、上越市の厚生南会館で開かれ、文化・生活部門で柏崎総合の「大豆・お米の有効利用を目指して〜伝統食品からの地域おこし」が最優秀賞に選ばれた。同校として4年連続の北信越大会出場を決め、他の2部門でも2点が優秀賞となり、上位6賞の半分を占めた。

 県大会には5校から食料、環境、生活文化の3部門に13点が出場し、パソコン、プロジェクターを使って10分以内で発表した。食料部門では柏崎総合の「水稲有機栽培4年目の挑戦〜技術改善とマガモの育成」が、環境部門では「帰農〜荒れ地の再生から始まる環境保全型循環社会」が優秀賞に選ばれた。マガモの有機栽培は昨年まで連続最優秀で3年連続の入賞。環境保全は昨年に続く連続優秀賞だ。

 最優秀の「大豆・お米の―」は、無農薬栽培の病虫害大豆やくず米をみそ、しょう油に有効利用する地産地消の取り組み。規格外の大豆を使う工程などで苦労し、発表では写真をふんだんに使った。発表者の久我理恵さん(3年)らは「伝統食品で学校の人気食品を開発でき、素晴らしい賞をもらった」「先生方と力を合わせて取った賞なのでうれしい」と喜びを語った。研究は2年生が受け継ぎ、8月に本県で開かれる北信越大会に出場する。

(2005/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。