PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
お正月前に切りもち生産、今がピーク

 今年も残すところわずか。市内の商店や農事法人などで今、お正月に向け、切りもち作りが最盛期を迎えている。

 そのうちの一つ、市内高柳町岡野町にある柏崎農協高柳支店では今春増設した加工施設で、1日に200うすの生産が続いている。

 忙しさは25日ごろまでと見られ、柏崎刈羽を中心に関東圏などに送り出されている。同農協の切りもちは8種類。「白」「蓬(よもぎ)」「青豆」に人気があるが、粟(あわ)や黍(きび)、古代米など、8種類を1枚ずつセットにした「はちみもち」が人気上昇中だという。

(2005/12/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。