PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
産大の構想で知事「受験生からの評価が先」

 泉田知事は4日、柏崎日報社など県内ローカル各紙やケーブルテレビなどとの新春会見を行い、新潟産大のサテライト構想について、大学が受験生の評価を得ることが先決という感想を述べた。県では同日、産大の新設学科と同様の教育コースを含む県立大学基本構想を発表した。

 産大は新年度、経済学部を改編、産業システム学部を新設、人文学部を廃止し、定員400人を250人とする。サテライト構想は今年度閉校する燕工業高校跡地で新設の産業システム学部産業学科の専門教育を行うという内容。経済学部には経済経営学科と、語学・ビジネス教育に力を入れる国際コミュニケーションビジネス学科を置く。

(2006/ 1/ 5)