PHOTOニュース

市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)


記念誌の発刊を喜び、お祝いの会を開いた「柏崎日記」を読む会会員=17日、シーユース雷音 (2017/11/18)

>>過去記事一覧
東電が原発名挙げずにプルトニウム計画

 東京電力は6日、青森県六ケ所村の再処理工場で使用済み核燃料から回収されるプルトニウムの利用計画を公表した。プルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を使うプルサーマルが利用方法で、同社原発の3-4基で2012年度以降、年間0.9-1.6トンとした。具体的な原発名は示さなかった。2005・06年度の再処理によるプルトニウム割当量は約0.5トンの見通しだ。

 利用計画は、再処理工場で実際にプルトニウムを取り出す試験が2月から始まるのを前に、原子力委員会の求めにより電力会社が一斉に公表した。

(2006/ 1/ 7)