PHOTOニュース

雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)


小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)

>>過去記事一覧
今季の市民スキースクール始まる

 今シーズン初めての市民スキースクール(市教委主催)が14日、高柳ガルルのスキー場で行われ、小学生ら60人が参加し、熱心に指導を受けた。

 ゲレンデの積雪は前年より80センチ多い200センチ。この日は時折小雨の降る中、参加者はそれぞれの経験、技術により初心者から上級までの6グループに分かれ、米峰スキー連盟の公認指導員から教わった。

 開講式で同連盟の布施俊雄会長は「今日は天候、雪質が良くないが、けがをしないで楽しく1日を過ごし、正しいスキーの滑り方を身につけてください」とあいさつ。中級クラス以上は準備体操の後、さっそくリフトに乗り、頂上から滑りを楽しんだ。

(2006/ 1/14)