PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
全日本卓球選手権で市内出身・山崎選手が活躍

 全日本卓球選手権大会(日本卓球協会主催)が15日までの6日間、東京体育館で行われ、混合ダブルスで柏崎市出身の青山学院大2年・山崎知春選手がベスト4に入った。また女子シングルスではランキング14位に入り、来年のシード権を得た。

 山崎選手は今大会、混合ダブルスで小野竜也選手(明治大1年)と初めてペアを組み、試合に臨んだ。2人のコンビネーションも合い、4回戦を突破し、準々決勝で原雅彦・杉田早苗組(専修大)と対戦した。0―2と追い込まれながら、3セットを奪い、逆転勝利。準決勝で坂本竜介・福原愛組(青森大・グランプリ)に0―3で敗れた。

(2006/ 1/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。