PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
全日本卓球選手権で市内出身・山崎選手が活躍

 全日本卓球選手権大会(日本卓球協会主催)が15日までの6日間、東京体育館で行われ、混合ダブルスで柏崎市出身の青山学院大2年・山崎知春選手がベスト4に入った。また女子シングルスではランキング14位に入り、来年のシード権を得た。

 山崎選手は今大会、混合ダブルスで小野竜也選手(明治大1年)と初めてペアを組み、試合に臨んだ。2人のコンビネーションも合い、4回戦を突破し、準々決勝で原雅彦・杉田早苗組(専修大)と対戦した。0―2と追い込まれながら、3セットを奪い、逆転勝利。準決勝で坂本竜介・福原愛組(青森大・グランプリ)に0―3で敗れた。

(2006/ 1/17)