PHOTOニュース

三角だるまに絵付けをする参加者。表情豊かな縁起物が出来上がった=22日、西山ふるさと館 (2022/01/24)


市地域農業再生協議会の水田農業推進部会の会合。2022年産米の生産数量目標を決めた=柏崎農協会議室 (2022/01/22)


在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)

>>過去記事一覧
産大附属高校で専願、推薦の合格発表

 市内安田、新潟産大附属(五十嵐夷広校長)で18日、専願、推薦、併願入試の合格発表が行われ、計355人が合格した。

 募集は普通科4学級160人。合格者は専願が50人、推薦42人、併願263人。午後2時の発表には受験生、中学教諭、保護者らが詰め掛けた。合格者の受験番号を書いたボードが窓越しに出されると、待ち受けた男子は「あった、あった」とガッツポーズをし、カメラ付き携帯電話で番号の写真を撮る家族もいた。生徒は早速、受験票と引き換えに合格書類を受け取った。

(2006/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。