PHOTOニュース

市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)

>>過去記事一覧
しおかぜ荘で谷根の大和舞を披露

  市内北園町の特別養護老人ホーム「しおかぜ荘」(横山真澄園長、利用定員50人)で12日、谷根地区に伝わる「大和舞」が披露された。みぞれまじりの天候をよそに、春祭りの雰囲気にあふれた。

 最初に魔よけの獅子舞が始まると、会場はもう春が訪れたよう。小学生から高校生まで6人の舞い手が日ごろの練習成果を発揮して笛や太鼓の音に合わせ、「三本剣」「和幣(はくへい)」「海幸」を熱演した。優雅な舞姿に、見物の人たちもにこにこ顔で盛んに拍手を送った。

(2006/ 3/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。