PHOTOニュース

市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)

>>過去記事一覧
まちづくりフォーラム「人口減チャンス」

 市は25日、まちづくりフォーラムを市民プラザで開き、基調講演、パネルディスカッションを進めた。今年度から2カ年継続で取り組んでいる第4次総合計画策定の一環。「人口減少時代における柏崎の魅力づくり」をテーマに、約150人が集まった。

 フォーラムに先立ち、会田市長は「昨年5月の市町合併で新しい柏崎市がスタートし、11カ月。県内でも多くの市町村が合併する中で、これまで以上にまちづくりの競争時代を迎えた」と述べた。人口減少、国の三位一体改革など経済・社会情勢の変化を挙げ、「10年後を見据え、これからの柏崎のまちづくりがどうあるべきかを考え合いたい」とした。

 続いて、大西隆・東京大学先端科学技術研究センター教授が「人口減少時代における地域の魅力づくり」をテーマに基調講演を行った。大西教授は統計データなどを使って、世界人口から柏崎の人口予測などを示し、「逆都市化・人口減少はまちづくりのチャンス」「域外市場と域内市場のバランスのよい発達が大切」などと述べた。

(2006/ 3/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。