PHOTOニュース

市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)


チャイコフスキーの3大名作を披露する「キエフ・クラシック・バレエ」。平和への祈りを込め、熱演が繰り広げられた=19日、アルフォーレ大ホール (2022/09/20)

>>過去記事一覧
ネイチャーフォト展、15日から

 市立博物館は15日から、自然界の神秘をとらえた写真企画展「ネイチャーフォト―人と自然のかかわり―」を開く。同館の開館20周年記念事業の一環となり、会期中、写真教室も行われる。

 同展は、今年で12回目。富士写真フィルム、柏崎写真連絡協議会の協力によるもので、日本海側の開催は同館だけ。展示は富士フォトコンテストに寄せられた約6万点の応募作品から、厳しい審査を経て選び抜かれた約百点。

 グランプリ作品の荒波と鳥の姿をとらえた「波砕」、吹雪に耐えるサルを被写体にした「風雪ながれ旅」をはじめ、ホタルの光の帯が美しい「乱舞」、特殊フィルムを使った「冬のハス池」など自然界を題材に、根気強くシャッターチャンスをねらった労作がそろう。

 会期は5月21日まで、時間は午前9時から午後5時。月曜は休館、入場無料。

(2006/ 4/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。