PHOTOニュース

観測井(左)の周辺に敷設した光ファイバーケーブルの近くで衝撃を与えるDAS計測実験=新潟工科大 (2022/08/05)


177点が出品された原爆ぬり絵展。前日の展示準備作業=ソフィアセン ター (2022/08/04)


国内外の作家作品が並ぶ「絵本蔵 松涛」=市内学校町、十三代目長兵衛 (2022/08/02)

>>過去記事一覧
ミサイル発射に市長「極めて遺憾」

 北朝鮮が5日、日本海に向けてミサイルを発射したことに対し、会田市長は同日の定例記者会見で「日朝平壌宣言に明らかに反し、北東アジア、世界の平和を求める声を踏みにじる行為であり、極めて遺憾だ」とし、「政府は毅然(きぜん)とした措置をとってほしい」と述べた。

 この中で会田市長は、東京電力柏崎刈羽原発を抱える市として「日本海に向けての発射は重大なこと」との認識を示す一方、「いま報道されている範囲では、現時点で柏崎に差し迫った脅威はないと判断している」とした。また、北朝鮮による拉致問題との関連について市長は「全面的な解決に困難な条件が加わった」と憂慮した。

 柏崎刈羽原発広報部によると、ミサイル発射を受けて、経済産業省原子力安全・保安院から電気事業連合会を通じて、原発の警戒態勢強化などが口頭で指示されたという。

(2006/ 7/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。