PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
梅雨空吹き飛ばし、どんGALA!祭り

 市内外から61チーム・約2000人が参加した「どんGALA!祭り」(同実行委員会主催)が15・16日、市内4会場で繰り広げられた。あいにくの雨にたたられながらも、両日の人出は1万5000人。梅雨空を個性豊かな衣装、パワフルな踊りと熱気で吹き飛ばし、観客の盛んな拍手を浴びた。

 よさこいは約50年前に高知で始まり、札幌に広がった後、全国的なブームになった。市内では今年で通算7回目。16日の市民プラザ前で行われた開会式で、高頭勉実行委員長は「大勢の参加者、各方面の支援で開催させていただく。小雨に負けず、元気な踊りを楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 各会場では参加チームの粋な黒や紫、赤、白など色とりどりのはんてん、はっぴ、Tシャツが梅雨空を吹き飛ばし、鳴子がリズムを刻んだ。個性たっぷりの大きなフラウが宙に舞った。「ぶっつけ本番市民踊り子隊」に参加した市長は「(どんGALA!の)熱気、エネルギーを柏崎のいろんな所で生かし、元気なまちづくりに結びつけていければいい」と笑顔を浮かべた。

(2006/ 7/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。