PHOTOニュース

早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)


観測井(左)の周辺に敷設した光ファイバーケーブルの近くで衝撃を与えるDAS計測実験=新潟工科大 (2022/08/05)

>>過去記事一覧
高設栽培のトマトが収穫・出荷へ

 市内宮之窪の市農業振興公社でまもなく、高設栽培で育てたトマトの収穫・出荷を迎える。イチゴの高設栽培に取り組もうという農家が増えつつある中、イチゴの収穫から苗の定植までの間に施設を有効に使うための栽培だ。

 新しい農業政策では、担い手となる農家、生産組織が年間を通じて安定した作業、経営の出来る仕組みづくりがポイントとされ、稲作と園芸を組み合わせた複合経営の取り組みが重要になる。柏崎地方を含む県内では近年、冬季の作物としてイチゴの高設栽培が増えてきている。

 イチゴは9月下旬から翌年5月上旬までが栽培期間のため、同公社が収穫終了から次の苗を定植するまでの約4カ月間の施設有効利用として、市民が地元産を好む傾向にあるというトマトに注目した。

 今年5月、286平方メートルの施設に、中玉系で甘みが強く、割れにくい「華クイーン」の苗を定植。わき芽かき、ツルの誘引作業などを経て、一本仕立てで育ててきた。7月に入って、トマトは次第に大きくなっており、これから赤く色づき、下旬には出荷できそうだという。

(2006/ 7/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。