PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
北銀で原益夫さんの鋳金工芸展

 市内西本町1、北越銀行柏崎支店(丸山行雄支店長)で27日まで、2005年度の芸術院賞受賞者で日展理事の鋳金作家・原益夫さん(72)=大久保2=の作品展を開いている。

 出品は、鋳金工芸作品13点。この中には森の奥深くに住み、目立たぬ賢者≠ネどといわれるフクロウを題材にした「知恵の瞳」をはじめ、「鋳銅香炉」「斑紫銅花入」など。同支店が原さんの受賞を記念して企画したもので、「素晴らしい作品だけに、来店された方々は興味深く、じっくりと見ています」と話している。

(2006/ 7/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。