PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
東電が今秋、原発耐震指針などで住民説明会

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所の千野宗雄所長は14日の定例会見で、国の原発耐震設計審査指針の改定に伴い同原発周辺で実施中の地質調査終了後、新指針への対応などについて地域住民に対する説明会を今秋開く考えを明らかにした。

 調査結果が出るのは来年3月末だが、説明会では調査した内容のほか、新指針や、これを受けて東電が策定する耐震安全性再評価の実施計画などに理解を求めたいとしている。日程、方法、会場などは検討中。千野所長は「新指針は今月にも正式決定されると聞いている。耐震問題は住民の方々にとって非常に関心の高いテーマであり、いろいろなタイミングで分かりやすく説明していきたい」と述べた。

(2006/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。