PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
長嶺の大池で200羽のハクチョウが越年

 ハクチョウの飛来地で知られる市内西山町長嶺の大池で、約200羽のハクチョウ親子が新年を迎えた。

 大池で越冬するほとんどがオオハクチョウで、昼間も観察することができる。昨冬は12月早々、池に雪が積もり、雪上を歩いて移動するハクチョウの姿が見られた。今年は雪なしで晴れ間が多く、年末から見物の家族連れなどが次々と訪れている。

 好天の日はハクチョウが湖面の上を飛んだり、着水する光景がしばしば見られる。

(2007/ 1/ 6)