PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
年末年始の柏崎IC利用は減

 東日本高速道路新潟支社はこのほど、年末年始(12月27日―1月4日)の支社管内高速道路交通量をまとめた。支社全体のインターチェンジ利用台数は1日平均7万642台で前年比0.8%増。柏崎インターは1916台で2.6%減だった。

 路線・主要区間別では、暖冬少雪傾向の影響か、スキー場のある関越道・水上―湯沢間が前年比4.9%減、上信越自動車道・信濃町―妙高高原が6.0%減に。その他の路線はほぼ前年並みか6%前後の増加を示した。期間中の1キロ以上の渋滞発生は8回。最も長かったのは12月30日夕方の関越道上り線湯沢―水上間の3キロ。土樽でのチェーンチェックが原因だ。

(2007/ 1/12)