PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
手紙作文コンクールで市内の児童生徒入賞

 文章表現によるコミュニケーションの育成、手紙文化の振興を目指した第39回手紙作文コンクール(日本郵政公社主催)の入賞者が発表され、市内からは槙原小2年・内山貴史君の「先生!流れ星みたよ」がはがき部門で信越支社長賞を受けたのをはじめ、多くの児童生徒が入賞した。

(2007/ 1/13)