PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
柏崎署管内、06年は交通事故減る

 柏崎署がまとめた2006年の管内交通事故の状況によると、人身事故件数、死者、負傷者ともに前年を下回る“トリプル減”だった。特に死者数の5人は前年の13人から大幅に減少した。この40年間でも1985年の4人に次ぐ少ない数となった。

 管内の人身事故件数は前年を39件下回る454件で、負傷者数は69人減の563人だった。管内者同士の事故が357件と一番多く、全事故の78・6%で、県平均を5・4ポイント上回った。高齢者の事故は10件減り139件だったが、県平均を3・6ポイント上回っている。女性の事故は24件減の123件で、県平均を5・4ポイント下回った。飲酒事故は12件から8件に減った。

(2007/ 1/19)