PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
市がぶどう村に8000万円の増資計画

 市は、経営難の続く第3セクター・柏崎ぶどう村(市内芋川、植木馨社長)を再建するため、新たに8000万円の増資を行う考えであることが、柏崎日報社の調べで26日までに分かった。また、ぶどう村では経営の刷新を図るため、社長の交代が予定される。この問題で市は2月7日に市議会の意見拝聴会、同19日に市議会本会議を開き、議員の理解を求めたいとしている。

 柏崎ぶどう村は、度重なる豪雪被害などを受けて1994年末に解散した旧鯖石ぶどう園組合から市が無償譲渡を受け、95年度に設立。ワインの醸造・販売を中心に事業を展開してきた。現在の資本金は6000万円。このうち、市は設立当初400万円を出資。その後、消費低迷、デフレによる製品の低価格化など厳しい経営状況下で2003年度にさらに2000万円を出資した。

(2007/ 1/27)