PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
昨年の管内労災、死亡は4件

 柏崎労働基準監督署(細島正志署長)管内で昨年発生した死亡労働災害は4件で、平成に入って最悪だった前年と同数だった。休業4日以上の労災は104件で前年同期を20件下回った。

 同署の速報値によると、業種別では製造が44件で前年より3件増えた。建設は32件、その他事業は20件で、それぞれ10件、11件減った。運輸交通は4件で同数だった。一昨年の死亡4件は管内では1990年以来、15年ぶりの最悪記録。昨年の4件は製造、建設各2件で、墜落、機械によるはさまれ・巻き込まれ、熱中症、クレーンの荷の落下によるものだった。

(2007/ 1/29)