PHOTOニュース

柏崎音楽協会設立20周年記念の演奏会に向けた合唱団とオーケストラの合同練習=18日、市民プラザ (2018/02/21)


刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)

>>過去記事一覧
新金曲輪橋―国道353号は9日供用

 市道6―1号線、新金曲輪橋―国道353号間が9日午後1時から供用開始されることになった。

 当日は午後零時半から現地で鵜川神社宮司による交通安全祈願が行われ、続いて会田市長らがテープカット。セレモニー後に信号を通常稼働させ、一般車両の通行が可能になる。主催は地元の宮場町町内会(植木文雄町内会長)、城東町内会(渡辺巌町内会長)。

 供用開始となるのは、鵜川改修で1999年12月に架け替えられた新金曲輪橋と国道353号を結ぶ290メートル区間で、剣野地区にとっては川の東側を結ぶ重要な生活道路。これまでは宮場町地内の住宅地を縫うように走る狭い市道に車が集中。幅が狭く、クランクやカーブもあり、すれ違い時には側溝のふたの上を走るため騒音・振動が激しく、交通事故の心配も絶えなかった。

(2008/ 1/ 7)