PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
長野の小学校から激励の横断幕

 長野県岡谷市の小学校からこのほど、中越沖地震で被災した柏崎市の子どもたちを励まそうと、大きな横断幕が届いた。応援カードで「がんばれ!輝く柏崎」の文字を形作ったもので、市教育委員会は大勢から見てもらうため、市民プラザで展示中だ。

 横断幕を贈ったのは岡谷市の湊小学校(増田正明校長、児童数169人)。同校は一昨年の豪雨災害で避難所になり、多くの児童が避難を余儀なくされた。同校児童会のボランティア委員会は中越沖地震で被災した同じ思いの人たちを激励するため、昨秋には全校で募金活動を行い、約7万円を柏崎市に送った。

 さらに、応援の気持ちを伝えようと、横断幕作りを提案した。災害時に兵庫県の小学校から激励メッセージが届き、元気づけられた経験がもとになった。赤い夕日と青い海、コウモリの柏崎市シンボルマークを直径約10センチの大きさにして、そこにメッセージを書き入れた。

 児童や教職員をはじめ、保護者、地域の人の協力で約220枚が集まり、1枚の横断幕に張り付けた。大きさは縦約1メートル、横約5メートル。

(2008/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。