PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
学校給食週間で各校が特別メニュー

 学校給食週間(21―25日)が全国でスタートし、市内の各共同調理場や単独給食校で記念の献立が登場している。中央地区第二調理場でも特別メニューを通して、児童生徒たちに「感謝」「食育」の大切さを呼びかけている。

 学校給食は1889年、山形県鶴岡市の寺で貧しい家庭の子どもたちに出した昼食が始まりといわれ、約120年の歴史がある。第二次世界大戦後、食べ物がなく、栄養失調状態の日本の子どもたちに世界中から食料品が贈られ、学校給食として出された。週間は感謝の気持ちを忘れないでほしいと設けられた。

 第二調理場では、給食の始まりについて子どもたちから知ってもらうとともに、昔からの郷土料理や伝承料理を味わい、健康について考えてもらおうと、今年の企画を考えた。週間2日目の22日はレンコンのいとこ煮、のっぺ汁などの献立だった。

 配食校のうち、柏崎小(山本甚一校長、児童数505人)の4年生は総合学習で昨年、郷土料理を学び、オリジナル料理にアイデアを発揮した。中野麟君は「郷土料理にはたくさん野菜が使ってあるのでおいしい。給食はいろいろなメニューがあって、いつも楽しみ」といい、礒野杏梨さんは「郷土料理はおいしく、歴史などの勉強も面白い」などとはしを進めた。

(2008/ 1/23)