PHOTOニュース

雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)


小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)

>>過去記事一覧
入学前に「交通安全」勉強

 今春小学校に入学する園児を対象にした市の交通安全教室が今週から始まった。教室は3月13日まで市内の保育園、幼稚園の29園で行われる。

 24日は、比角保育園(石口渉子園長、園児数125人)で年長児32人が道路の安全な渡り方を学んだ。園児はサルの着ぐるみ「キキちゃん」と一緒に、横断の際の「止まる」「見る」「待つ」の3つを約束した。

 遊戯室につくった仮設の横断歩道、ミニ信号機を使って渡り方の練習開始。入学までにはもう少し期間があるが、ランドセルを背負った年長児は横断前に「右、左、もう一度右」をよく確認し、手を高く上げて渡った。

(2008/ 1/25)