PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
地域交通体系の検討会で実施案協議

 第2回地域生活交通体系整備と夜間乗り合いタクシーの導入プロジェクト検討会(座長=佐藤可寸志・長岡技科大准教授)が1日、市役所で開かれ、市内高柳町・鵜川地区と西山町地区で実施したアンケート結果と新しい公共交通の実施計画案を中心に意見を交換した。

 検討会は市と国土交通省北陸信越運輸局新潟運輸支局が昨年11月に設置。

 60歳以上の人が回答者の7割となったアンケート結果では、ほぼ毎日から月1回程度までバスを利用している人が、高柳町・鵜川地区で31%、西山町地区で24%で、通院が目的の1位。乗り合いタクシーや新しい公共交通を利用するとの回答は高柳町・鵜川地区が42%、西山町地区34%で、「わからない」「利用しない」の合計が「利用する」を上回った。一方、「公共交通がなくなっても問題ないか」の問いには、高柳町・鵜川地区の69%、西山町地区の59%が「問題あり」と回答。

 事務局側の実施計画案として、高柳町・鵜川地区では岡野町と野田に設置したターミナルの間に基幹ルート(石黒・鵜川経由)と支線ルートの乗り合いタクシーを運転する案、西山町地区では西山駅・高速バス停・礼拝駅・雪割草の湯を基幹ルートに、その他の町内を支線ルートとした新しい公共交通案が示された。

(2008/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。