PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
会田市長「財政は非常事態」

 予算案発表の会見で会田市長は、2008年度以降の一般財源の不足から「財政状況は警戒すべき水準を超え、まさに非常事態だ」とし、同年度に抜本的な財政健全化計画を策定する考えを表明した。

 この中で市長は、震災で基金が減少することと、復旧・復興の起債の償還が10年度から本格化することを挙げた。基金は、06年度末に56億7300万円あった財政調整基金など主要基金が、08年度末には28億5000万円に減る見通しだ。市は約393億8000万円に上る07年度の復旧・復興費に充てたいとして3月分の特別交付税を36億円以上見込んでいるものの、これが不足する場合は、さらに基金からの繰り入れを迫られるという。

(2008/ 2/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。