PHOTOニュース

ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)


市内外のアマチュア18団体が出演した「野外おんがく堂」。観客は劇場広 場の階段で楽しんだ=9日、アルフォーレ (2024/06/11)


初試行したマイナンバーカードによる避難所受け付け訓練=9日午前9時 半過ぎ、米山小 (2024/06/10)

>>過去記事一覧
原発耐震安全性の国際シンポ始まる

 東京電力柏崎刈羽原発が中越沖地震で被災したことを受け、日本原子力産業協会、日本原子力技術協会、電力中央研究所の3団体による「原子力発電所の耐震安全性・信頼性に関する国際シンポジウム」が26日から2日間の日程で、産文会館を会場に始まった。地震による設備への影響、耐震対策などを議論し、安全性の向上に向けた情報の共有と一般の理解を図ることが目的。米仏独など海外の技術者や地元行政・住民を含めて約580人が参加を申し込んだ。

 初日午前、開会のあいさつで元東電副社長の白土良一・電力中央研究所理事長は、エネルギー源としての原子力の優位性を強調して「災害を乗り越えてほしい」と述べた。地元来賓の会田市長は「安全に加えて安心の醸成を図る上でもシンポジウムが実りあるものに」、品田刈羽村長は「自然の脅威に対する人類の英知が高まることを期待したい」と呼び掛けた。

(2008/ 2/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。