PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
「山の子米」今年はアイガモ農法を

 市内高柳町の門出小(田辺康夫校長・児童数14人)の5・6年生による「山の子米」裁培が今年も始まった。今回は草取りの軽減に向け、アイガモ農法に挑戦する。

 「山の子米」は無農薬・有機栽培・はさがけ乾燥の完全手づくりコシヒカリで、児童が“師匠”と呼ぶ地域の人たちを先生に、2001年度から栽培開始。東京・杉並区にある東京文化小との作業を通じた交流、東京・表参道でのアピール活動が大きな感動の輪を広げ、環境にやさしい取り組みとして県などからも高い評価を得ている。

 今年、米づくりを進めるのは5人の6年生と3人の5年生。これまで、省力化のための不耕起栽培や雑草対策として紙マルチを敷いたり、コイを水田に泳がせたりしてきたが、今年は0.5アールの棚田で紙マルチ栽培を、門出かやぶきの里に近い通称・DORONKO田んぼ(6アール)ではアイガモ農法に初挑戦することにした。

 DORONKO田んぼでの田植えは21日に行われ、約20人の地域の人たちも参加。児童と地域の人一人ひとりが今年の目標を披露し、さっそく作業。手慣れた手つきで、あっという間に植え終えた。アイガモは6月早々に水田に放つ計画。

(2008/ 5/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。