PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
市内外国人、留学生が被災体験記

 中越沖地震から1年にあたり、柏崎地域国際化協会は市内在住外国人、留学生の震災体験記「あのとき、あの瞬間!」(B5判、111ページ)を発行した。

 同協会は地震翌日に「柏崎災害多言語支援センター」を開設。避難所の外国籍住民に情報を届け、全国の支援者の協力で対策本部情報を中国語、タガログ語、タイ語、英語、やさしい日本語に置き換え、発信した。体験記は震災の教訓を他地域の外国人、後輩に伝え、防災への備えに生かそうと国際協力機構の義援金で2000部を作った。

 昨秋から編集に動き、協会の日本語教室の参加者4人と新潟産大留学生34人、関係者5人の寄稿を収録。来日する母国の人、新入生の安心につなげたいと日本語、母国語の双方で文章を載せた。被災のショック、分け隔てのない支援への感謝、避難所トイレにプールの水をバケツで運び、感謝の言葉を奉仕に代えたボランティアなどをつづる。

 避難所で水をもらって帰る途中、自宅が壊れた老夫婦に励まされた留学生は「胸にぐっと来て、涙を誘った。私のために作ってくれた笑顔がたまらなかった」と書いた。

 産大の11人の学生編集委員はモンゴル語への入力などを担当。母国語にない「仮設住宅」「津波」などの用語に注釈を付けた。

(2008/ 7/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。