PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
「石コロたちの展覧会」26日から

 市立博物館が26日から、特別展「石コロたちの展覧会」を開く。同展は昨年のこの時期に開催が予定されたが、中越沖地震のために中止となり、作家の快い協力で再度企画された。

 同展は、石コロにスポットを当て、石コロに対する発想、想像力を育ててもらうことが目的。何かの形に似ている石コロに作家が彩色をしたり、少し手を加えたりして、別の石コロとしてよみがえらせた作品が並ぶ。昨年は開催直前の震災で作品が落下し、一部が壊れるという被害があった。

 出品作家は群馬県大理石村ロックハート城に常設展示中の片岡朱央さん(東京都国分寺市)をはじめ、樋浦正夫さん(群馬県利根郡みなかみ町)、伊藤博敏さん(長野県松本市)、佐藤陽一さん(長岡市)。いずれもこの世界の第一人者だ。石に入れ歯をした「3人官女」ならぬ「3人岩女」、カレーパン、フクロウ、サザエ、だるま、ゲゲゲの鬼太郎など、奇想天外な約520点。

 このほか、旧小国町の渋海川で採集した3・7キロのメノウ、本県の山頂の石、西山・坪之内遺跡から出土したヒスイ勾玉(まがたま)などのほか、柏崎海岸で拾い集めた石を含め、全部で600点以上になる。

 会期は8月31日までで、午前9時から午後5時まで。月曜休館。入場料は大人・高校生が500円。中学生以下は無料。

(2008/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。