PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
米山大橋が9月から片側通行

 市内青海川、国道8号米山大橋の災害復旧工事などで、9月1日午前9時から11月10日まで、同橋(橋長279メートル)を含む300メートル区間が終日の片側交互通行になる。車線も狭くなり、幅3メートルを超える車両は通行できない。う回路はない。

 中越沖地震で損傷した支承の取り換えと、定期検査で見つかった、長年の使用による床版コンクリートの劣化やクラック部分の補修工事。支承は橋脚と橋げたの接合部分で、取り換えの際は、ジャッキで橋全体を持ち上げ、新しい支承と交換した後に、橋を元の位置に戻す。

(2008/ 8/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。