PHOTOニュース

佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)


7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)

>>過去記事一覧
蘭このみさんが11月に柏崎公演

 柏崎芸術協会(曽田信英委員長)が11月11・12日、柏崎にゆかりのスペイン舞踊家・蘭このみさん(埼玉県所沢市在住)出演による例会を産文会館で開く。中越地震、中越沖地震の復興祈念として、会員外の市民も鑑賞できる。希望者は今月末まで柏崎芸協事務局へ。

 蘭さんは祖父母、両親が柏崎育ちという縁がある。1974年に宝塚歌劇団に入団し、スペインに留学。83年からスペイン舞踊家。97年に文化庁派遣芸術家在外研修員として再びスペインに渡った。2001年に「明烏」で現代舞踊協会第10回「河上鈴子スペイン舞踊賞」、04年に「桜幻想」で文化庁芸術祭の大賞を受けている。

 柏崎芸協の例会は震災フェニックス・震災から立ち上がる文化の祭典として、第1部は「『明烏』〜明烏夢淡雪〜」、2部はトーク、3部はフラメンコ組曲「アンダルシアの風」を上演する。開演は両日とも午後6時半から。蘭さんは「柏崎の皆さんに舞踊を見ていただき、少しでも安らぎのひと時を共有できたらうれしい」とするメッセージを寄せている。

 会員外の鑑賞希望者は電話、ファクスで柏崎芸協事務局(電話22-5898、ファクス24-1129)へ。定員は1公演100人で、2日間で200人。12日は午後2時から蘭さんによるフラメンコのワークショップ。

(2008/10/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。