PHOTOニュース

幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)

>>過去記事一覧
柏崎マラソン、1058人疾走

 第6回柏崎マラソン(同実行委員会主催)が2日、市陸上競技場発着の公認コースで行われ、全国から集まった1058人のランナーが秋の風を受けながら疾走した。

 コースは、ハーフマラソン、10キロ、3.3キロ、3.1キロで、男女あわせて19種目。昨年は中越沖地震のため中止され、2年ぶりの開催の今回は「復興に向け がんばってます」をスローガンに掲げた。

 午前9時、号砲とともに、ハーフマラソンからスタートし、役員・補助員、ボランティア約400人が沿道などの交通整理にあたった。ゲストランナーで1997年アテネ世界陸上選手権女子マラソン優勝の鈴木博美さんは「7年前から神戸に住み、大震災から13年たった今でも心に刻まれていると感じることがあるが、元気を取り戻して復興している。被災した人もいると思うが、みなさんとふれ合いながら走りたい」と述べ、参加者といっしょに10キロを走った。

(2008/11/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。