PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
東京で柏崎野菜売り込む

 柏崎産新鮮野菜をアピールする「にいがた・柏崎野菜祭り!」が14日から17日まで、東京・表参道のネスパス新潟館で行われ、柿、ダイコンなどを販売し、柏崎米やおいな汁をサービスした。

 市や農協などは今年、県などと連携して地域農業の活性化と中越沖地震からの復興に向け、伝統野菜の掘り起こし、新しい地域野菜の振興に力を入れてきた。今回の催しは震災復興支援に感謝し、元気な柏崎を知ってもらうとともに、柏崎の安全で新鮮な米や野菜を都会の人から味わってもらおうという目的。市担い手育成総合支援協議会(会長=今井長司・柏崎農協経営管理委員会会長)が主催した。

 期間中、関係者延べ80人が上京。マコモタケ、サトイモの土垂(どだれ)など畑から直送した野菜をはじめ、米、笹(ささ)団子、漬け物、酒、菓子、海産加工品も100種類以上を持ち込み、鯛(たい)めし弁当も販売した。その場で試食できる漬け物など加工品の人気が高く、農家の人たちの元気で真剣な呼び込みに、大勢の人が立ち寄った。特に、おいな汁は好評で、「野菜の本当のおいしさが詰まっている」などの声が聞かれた。

(2008/11/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。