PHOTOニュース

ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)


市内外のアマチュア18団体が出演した「野外おんがく堂」。観客は劇場広 場の階段で楽しんだ=9日、アルフォーレ (2024/06/11)


初試行したマイナンバーカードによる避難所受け付け訓練=9日午前9時 半過ぎ、米山小 (2024/06/10)

>>過去記事一覧
損保協会が軽消防車を寄贈

 社団法人日本損害保険協会が25日、中越沖地震復興支援として、市に小型動力ポンプ付き軽消防車1台を贈った。受納式は市消防本部で行われ、消防関係者ら約20人が出席し、会田市長が同協会関東支部の永野寿幸新潟損保会長から寄贈目録を受け取った。この軽消防車は市消防団第15分団(高柳町岡田地区)に配備される予定だ。

 同協会は、地域の消防力を強化し、安全で安心なまちづくりに貢献するという損害保険の社会的使命の観点から軽消防車の寄贈を1952年から実施。今年は全国21市町村に贈り、計2663台となった。

 受納式で永野会長は「この車がみなさんの安心のよりどころとなり、市民の生命、財産を守れるように」、会田市長は「この数年、地震、水害、豪雪と自然災害が続き、消防団が大きな力を発揮した。消防団活動に活用させていただく」とあいさつ。品田汎朗市消防団長は「軽消防車は足回りもよく、狭い道でも入っていけるので、市民の安全安心に大いに役立つ」と謝辞を述べた。

(2008/12/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。