PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
サケの稚魚が次々誕生

 市内青海川、柏崎さけのふるさと公園で今、サケの稚魚が次々と誕生している。

 全国的にサケの不漁が伝えられる中、青海川地内を流れる谷根川も例外ではなく、12月20日までの捕獲数は2103匹。前年の1万4030匹にははるかに及ばない。ただ、ここ10年間では2002年の2071匹、03年の1861匹は上回った。

 サケの赤ちゃんは12月初旬から誕生し、公園展示室の水槽で泳ぐ姿も観察できる。今年は豊漁まつりが行われた11月23・24日ごろからサケのそ上、捕獲・採卵が増えており、年末から年始にかけてが赤ちゃん誕生のピークになりそうだ。

(2008/12/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。