PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
刈羽中で全校書き初め

 刈羽中(関暢夫校長、生徒数139人)が3学期初日の8日、毎年恒例の全校書初め大会を行い、新年のスタートを切った。

 格技場での始業式の後、書き初め大会は新春らしい琴の音色に包まれた中で行われた。昨年同様、指導にあたった市内鏡町の書家・白倉南寉さんは「輝いているものを紙の上に残してください。書は気持ちが大事。気持ちを休めず、筆を動かせば、文字にリズムが生まれ、美しくなる」と呼び掛けて、生徒会スローガン「友愛」を書き上げた。

 生徒は各学年の課題「新星発見」「窓下清風」「山色鮮」に筆をふるった。

(2009/ 1/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。