PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
刈羽中で全校書き初め

 刈羽中(関暢夫校長、生徒数139人)が3学期初日の8日、毎年恒例の全校書初め大会を行い、新年のスタートを切った。

 格技場での始業式の後、書き初め大会は新春らしい琴の音色に包まれた中で行われた。昨年同様、指導にあたった市内鏡町の書家・白倉南寉さんは「輝いているものを紙の上に残してください。書は気持ちが大事。気持ちを休めず、筆を動かせば、文字にリズムが生まれ、美しくなる」と呼び掛けて、生徒会スローガン「友愛」を書き上げた。

 生徒は各学年の課題「新星発見」「窓下清風」「山色鮮」に筆をふるった。

(2009/ 1/ 9)