PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
市が被災者に木造仮設住宅の再利用提案

 市はこのほど、中越沖地震で設置された木造仮設住宅を被災者の住宅として再利用する提案を3世帯に行い、これまでに1世帯で採用が決まった。自宅のあった場所に住みたいが資金は限られているという被災者の声に応えたもので、建設期間も短く、低コストで自宅再建を目指す世帯にとっては選択肢が増えることになる。

(2009/ 1/29)