PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
市がEVに30万円補助

 市は7日から、市民への電気自動車(EV)普及に向け、購入の際の補助希望の募集を開始した。補助金は1台30万円で、市内に住所のある個人、法人のほか、市内の個人、法人に貸与するリース事業者が対象になる。

 柏崎市は県が実施主体となっている「EV・pHV(プラグインハイブリッド車)タウン構想」のモデル地域。昨年の市議会12月定例会でEVなどの軽自動車税免除なども盛り込んだ「電気自動車等の普及の促進に関する条例」が可決制定。1台30万円の購入補助金として8台分を見込んだ。

 対象車種は現在のところ、富士重工の「プラグインステラ」、三菱自動車の「アイミーブ」。昨年4月1日以降に購入した車両も対象になる。

(2010/ 1/ 7)