PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
柏崎地方に大雪、市が警戒態勢

 柏崎地方は13日から14日にかけて大雪となり、列車、路線バスが運転見合わせとなるなど交通網が大混乱した。市は14日午前9時、市内観測地点数カ所で積雪が2メートルを超えたため、豪雪警戒態勢をとった。

 午前9時までの24時間降雪量は山間部で約100センチ、市街地でも50センチを超した。朝は雪で埋もれた自動車を駐車場から掘り出す光景が至る所で見られたほか、除雪が間に合わない歩道では、登校する児童が足で雪をかきながら歩いた。

 市内の公共交通機関は14日朝からまひ状態が続いた。JR信越線は午前1時前から柏崎―宮内間ですべての列車を止めて除雪作業。越後線も柏崎―出雲崎間で始発から運転を見合わせている。市内の路線バス、高速バスは道路状況と渋滞により、運転を取りやめ。北陸自動車道も午前8時50分に柏崎―中之島見附・小千谷間で通行止めとなり、その後、さらに規制区間が長くなった。

(2010/ 1/14)