PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
イノシシによる水稲被害が拡大

 近年急増しているイノシシによる農産物被害について、市の有害鳥獣被害対策協議会のまとめによると、昨年の水稲被害面積は926.1アールで、前年より36.4アール増え、被害個所もより広範囲となった。新道地内では大豆115アールも被害に遭った。これらはNOSAI中越の共済金支払い対象となった面積で、実際の被害はこの約1.5倍と推定される。

 被害があった地域は、米山町、大平、高畔、上輪新田、青海川、谷根、大河内や、下方、上方、新道、貝渕、黒滝、宮之窪、山口、また田屋、諏訪、石払、木沢、上組、上野、市野新田のいずれも米山山麓(さんろく)。さらに野田、水上、上向、高柳町の大野、板畑、門出、南鯖石の石曽根の黒姫山のふもと、北条地区の赤尾、深沢、中鯖石の森近など八石山周辺。このほか高柳町の岡田や山中でも被害が発生している。これまでは米山のふもとに集中していたが、市の南部地域を中心に広範囲に拡大した。

(2010/ 1/18)