PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
演劇フェス、熱演の舞台で開幕

 柏崎演劇フェスティバル(市産業文化会館、市観光レクリエーション振興公社主催)が16・17日、産文文化ホールで今年の舞台の幕を開けた。市内のアマチュア劇団「THE風・FOU(フー)」の2回公演でスタートを飾り、観客の熱い拍手を浴びた。フェスティバルは2月下旬まで多彩に続く。

 フェスティバルは今年で16回目。FOUの上演作品は、新進劇作家・土田英生さんの「その受話器はロバの耳」。ヘソ島という南の島にある製菓会社のコールセンターが舞台となった。本社派遣組、現地採用組の登場人物8人が役になりきって演じ、芝居の世界を堪能させた。

(2010/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。