PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
アグネスさんが刈羽村で講演

 刈羽村商工会(丸山将孝会長)は16日、歌手のアグネス・チャンさんを招き、新春講演会をラピカで行った。

 アグネスさんは香港生まれ。芸能活動のほか、エッセイスト、教育学博士、日本ユニセフ協会大使としても知られ、平和活動、チャリティー活動などで活躍している。刈羽村での講演は10年ぶりだ。

 講演では17歳で来日した時、日本の水の豊かさに驚いたとし、ユニセフの活動や取材で訪れたアフリカの干ばつ、アジア、インドの貧困を報告。食糧を外国に頼る日本は、農産物の栽培に要する大量の水を輸入していると述べ、環境問題としても食料自給率を上げる必要があると訴えた。

(2010/ 1/19)