PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
柏崎にも“タイガー”、現金と文房具

 全国各地でプロレス漫画タイガーマスクの主人公を名乗る匿名の贈り物が児童養護施設などに寄せられる中、柏崎署にも11日午後3時過ぎ、現金10万円と文房具が届けられた。

 同署を訪れたのは70歳代男性で、窓口カウンターに現金入りの茶封筒とノート13冊、鉛筆36本、消しゴム55個が入った紙袋を出し、「お願いします」と言ってそのまま立ち去った。

 中に添えてあった手紙には「届ける先が分からないので持ってきました。お手数かけます。私は70過ぎたとら年(タイガー)生まれです。病気もせず元気を感謝しています。未来を背負う子供たちの福祉に使っていただければと思います。後を追わないでください」と書かれていた。“タイガー”からの贈り物は市教育委員会に引き渡された。

(2011/ 1/12)