PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
刈羽村議会で定数12の議員発案を可決

 刈羽村議会は11日、3月定例会最終日の本会議で、議員定数14を2減の12とする議員発議の条例改正案を可決した。任期満了に伴う4月19日告示、24日投開票予定の村議選から適用される。 

 11日に上程された発議の提案者は伊藤範昭氏、賛同者は加藤幸夫氏。伊藤氏は提案理由の説明で、村と類似規模の自治体の多くは定数が10人規模だとして2人削減を求めた。反対討論で沢田正男氏は「特別委員会で(定数は現行通りと)一度結論の出ていることを、定員割れになるかも知れないからといって、この場に及んで減らすのはおかしい」と述べた。賛成討論はなかった。

(2011/ 3/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。