PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
知事が会見で原発安全審査に引き続き厳しい姿勢

 泉田知事は6日、県内ローカル紙などとの年頭記者会見を行い、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機が原子力規制委員会の新規制基準による安全審査を受けていることについて「新基準は住民の安全・生命・財産を守るという視点に立っておらず、基準に適合しても住民の安全が確保されるわけではない」と述べ、引き続き厳しい姿勢を示した。

(2014/ 1/ 7)