PHOTOニュース

巨大な“雪の台地”となった市の雪捨て場。ダンプカーや重機がミニカーのようだ=市内東港町  (2018/02/23)


手形アートチャレンジの完成イメージ (2018/02/22)


柏崎音楽協会設立20周年記念の演奏会に向けた合唱団とオーケストラの合同練習=18日、市民プラザ (2018/02/21)

>>過去記事一覧
北条で復興祈念の看板リニューアル

 今年は中越地震発生(2004年)から満10年。市内の北条地区コミュニティ振興協議会(江尻東磨会長)はこのほど、地震の翌年に南条地内の国道291号脇に建てた復興祈念の「北条ふるさと看板」のリニューアルと補強を行い、改めて絆の大切さなどをアピールしている。

 同地区は震源地に近く、多くの家屋が損傷し、道路の崩壊、下水道マンホールの浮き上がりなど大きな被害が発生。地区内を走るJR信越線の線路は曲がりくねり、電車が立ち往生する事態にもなった。同協議会ではその後、地震の教訓を生かして、地区防災の強化に努めてきた。

(2014/ 1/28)