PHOTOニュース

東京五輪への機運を高めようと、市内でも五輪旗などが巡回しているフラッグツアー=11日、市総合体育館 (2017/12/12)


朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)

>>過去記事一覧
日本海太鼓がばち供養

 市内の創作太鼓グループ・日本海太鼓(相沢宏之会長、メンバー20人)が26日、市内長崎の金泉寺で、練習などで折れたばちを燃やす「ばち供養」を行った。来週にはアルフォーレ・大ホールで新春公演が予定されており、赤々と燃える火に新年の精進と活躍を誓った。

 ばち供養では1年間の練習や本番で割れたり、傷んだりしたばち約50本、二つの太鼓台などを大がまに入れて点火。

(2014/ 1/28)