PHOTOニュース

病院祭で実施されたドクターヘリによる患者搬送訓練。大勢の関心を集めた=14日、医療センター駐車場 (2017/10/17)


一般販売開始に先立ち、予約者に引き渡された県の水稲新品種「新之助」=14日、市内田中の愛菜館 (2017/10/16)


赤坂山公園の芝生広場で行われている桜の植樹。入り口に近い場所にサークルベンチを置き、その中に高さ4.5メートルのソメイヨシノをシンボルツリーとして植えた (2017/10/14)

>>過去記事一覧
市内8小中校でサケの赤ちゃん次々と

 市内の8小中学校でサケの赤ちゃんが次々と誕生し、小さな命に児童生徒が関心を高めている。鯨波小(渡辺俊和校長、児童数34人)では5年生が理科授業の一環としてサケの飼育を担当し、「春の放流まで大切に育てたい」と大張り切りだ。

 市さけます増殖事業協会(深井和一会長)では1989年度から、谷根川で捕獲したサケの授精卵300粒を希望する学校で育ててもらっている。本年度は昨年12月初旬に採卵・授精した卵を今月10日に配った。

(2017/ 1/24)